|よくある質問メルマガ登録FAX注文用紙(通常)FAX注文用紙(コーヒー便専用)

【お知らせ】6月1日受注分より送料を値下げいたしました。それに伴いコーヒー豆の内容量を一部変更しております。


 


 


夏は水出しで楽しめるダンクコーヒー》
 


 


 


 

閲覧履歴

営業日カレンダー

2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メルマガ登録
 

トップ > ブレンド(アラビカ100%) > ロイヤルブレンド (マイルドブレンド)

ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド)
ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド)
ロイヤルブレンド (マイルドブレンド) ロイヤルブレンド (マイルドブレンド)
拡大画像

ロイヤルブレンド (マイルドブレンド)

初めてお店にいらっしゃったお客様がよく使うフレーズ。
「香りがよくて、酸味が無くて、コクがあって、飲みやすいコーヒー、ないの?」
そんな贅沢なお好みをすべて解決してくれるリッチ珈琲です。

良い素材を吟味し、ダブル焙煎という技法で手間もかかっているため、当店の全ブレンドの中では最も高額ですが、品質については多くのお客様からお墨付きを頂戴しております。

あのブルーマウンテンが希少となってしまった時代に、それに替わる「贅沢なマイルドコーヒー」を求めて焙煎職人が試行錯誤。上質なコロンビア(スペシャルティコーヒー)を使い、ダブル焙煎で嫌な酸味を打ち消しつつ甘味を引き出しました。

食後の一服に、"ロイヤル”の言葉に恥じない気品ある一杯をお楽しみください。


【味の5段階評価】  香り:★★★★★  コク:★★★・・
 酸み:★★・・・  苦み:★・・・・  甘み:★★★★・


 
商品コード : BL02
価格 : 円 (税込円)
ポイント : 10
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ




ロイヤルブレンドは、あの絶大な人気を博したブルーマウンテンが希少となってしまった悲しい時代に、それに替わる「贅沢なマイルドコーヒー」を求めて焙煎職人が試行錯誤して生まれたブレンドコーヒーです。
 スペシャルティグレードのコーヒーをふんだんに使用しつつ、酸味を嫌う日本人の味覚にあわせて工夫をこらしています。

様々な国から取り寄せたスペシャルティコーヒーの中でも、ひときわ個性の強いコロンビアを中心にブレンド。人間と同じで、豆の個性は全く違う個性とぶつかることで思わぬ進展をもたらすことがあります。このロイヤルブレンドも、レシピこそひみつですが、個性的な配合になっております。

「ダブル焙煎」という言葉をきいたことがあるでしょうか?

ふつうコーヒーは1回(約20分)だけ焙煎しますが、わざと浅煎りで一度焙煎機から出してしまい、「あるタイミング」でもう一度加熱しなおし、一気に焼き上げるという手法があります。昭和中期の、まだ焙煎についての情報が少なかった時代に編み出された「職人技」です。本当の「ダブル焙煎」は嫌な酸味を抜きつつ甘みやコクを増幅してくれる、高度な焙煎テクニックのひとつとして認知されてきました。

個性信仰主義のいまの時代には「2回も火をいれるなんてバカげている!」という人も多いと思います。

しかしコーヒーは嗜好品。個性の飲み比べで終わるのではなく、情緒的な極上の一杯を求めて、ブレンド、焙煎、あらゆる角度から味のホスピタリティを求めるのが、当店の考える「職人魂」だと考え、古来のダブル焙煎を続けています。



まずは香りをお楽しみください。

このロイヤルブレンドの実力を試すには、なんといっても食後の一服。とくに洋食やパンを締めくくってくれる優秀なパートナーです。

トースト、バターロール、バゲット、ピザ… とにかくまずはおいしい食事をお楽しみください。このロイヤルブレンドはマイルドコーヒーですので、マイルドにやさしくお食事後の身体に浸透していきます。

使用している素材が良いので冷めても酸味が出ず、最後のひとくちまでおいしくお召し上がりいただけることと思います。


* * *

おかげさまでサンパウロコーヒーの直火焙煎

40年以上ご支持いただいております!

ありがとうございます!!!!



ところで、長年みなさまにご愛顧いただいている
直火焙煎って、こんな焙煎なんです。

↓ ↓ ↓

焙煎には、「熱風式」「半熱風式」「直火式」などいろいろなタイプがあります。



熱風式と半熱風式が、「別の場所でおこした熱を豆のドラムに伝える」のに対して、直火は豆をいれるドラムそのものに無数の小さな穴があいており、直接炎が作用します。直火は他のどの焙煎よりも「炎と豆の距離が近い」のが第一の特徴です。

また炎のカロリーが直接豆に伝わること、遠赤外線効果が得られること、チャフ(豆の薄皮)が焙煎機内で焼け落ちる、なども直火の特徴です。

焼き魚に例えると、「フライパンで焼く魚」と「網でグリルする焼き魚」の違いでしょうか。

当店の焼き方の基本は右の直火のイメージになります ↑↑↑
直火は煙による燻製感も得られるため、独特のスモーク感があり、好きな人にはたまらない香ばしさです!!

コーヒー豆も、直火で焼くと独特のスモーキーさが感じられます。
また熱風式と比べると、味にメリハリがある、味づくりの個性をだしやすい、味がワイルド、などの特徴があります。

なのでサンパウロコーヒーが直火焙煎で創り出すコーヒー豆は、

ここでしか買えない味なんです!!!



アラビカ100%ブレンド全種類はこちら》

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
サンデーここのロイヤルブレンドは本当においしい。いつもお店の特売...2017/07/26


 


 


 

【おかげさまで40周年 直火焙煎のサンパウロコーヒー】saopaulocoffee.com
株式会社サンパウロコーヒー  
東京都品川区南大井3-20-1-5-103 03-3765-5870
Copyright (c) おかげさまで40周年 直火焙煎のサンパウロコーヒー all rights reserved.