年末の最終出荷は27日です。年始は5日から出荷開始します

メルマガ登録




直近1ヶ月のお買い物額税込7,000円以上を維持すると「おとくい様会員」に自動的になります。


 
 
 
 
 
 
   
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日

楽天ペイ

 

トップ > スペシャルティ > コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー)

コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー)
コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー) コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー)
コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー)
拡大画像

コスタリカ ブルマスデルスルキ (ハニーコーヒー)

ブルマス・デル・スルキ農園はコスタリカセントラルバレーに1880年に開かれた3代120年の歴史ある農園です。しかし、コスタリカでは都市化や経済発展に伴い、コーヒー農園は減少しつつあります。ブルマスデルスルキでは、収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去された後、醗酵行程をおかずに、ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。この方法によって、ミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒー豆が得られます。

・生産国:コスタリカ セントラルバレー
・精製所:ブルマスデルスルキ
・規 格:SHB
・品 種:カトゥーラ
・精選方法:パルプドナチュラル
・標 高:約1600m
・焙 煎:直火焙煎 シティロースト
・最終加工地:東京
 ※現地より真空マイクロパックにて輸送

【味の5段階評価】  香り:★★★★★  コク:★★★★★
 酸み:★★・・・  苦み:★・・・・  甘み:★★★★★

 カップ評価:ハチミツ、ブラウンシュガー、プラム、ナッツ、シトリック

まとめ買い割引対象商品(購入量オプションをご覧ください)
※3000gでご購入の場合、1枚のパッケージにまとめて一括充填になります。
※粉の挽き具合を細かくご指定される方は【ご購入手続きへ進む】のあとの【送付先の情報入力】画面最下部の【備考欄】に記入してください。ご指定がない場合は通常のドリップやコーヒーメーカーに最適な中細挽きでお届けします。
生豆でのご注文は3kgより別途お見積りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。
商品コード : SCFSC309
価格 : 円 (税込円)
ポイント : 8
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ



中南米コスタリカのブルマスデルスルキは、セントラルバレーに1880年に開かれた3代120年の歴史ある農園です。しかし、コスタリカでは都市化や経済発展に伴い、コーヒー農園は減少しつつあります。

コーヒー農園を守るためにはスペシャリストになることが必要だと感じた農園主アルバラード氏は、早くからハニーコーヒーに積極的に取り組み始めました。自身の農学者の経歴を活かし、糖度分析を取り入れ、どのような方法が最もベストな品質になるかを研究しています。
水洗処理機でパーチメントから約8割のミューシレージ(粘液質)を除去し、パティオ(乾燥所)、アフリカンベッドで乾燥処理される。天候の悪化に備え、ドラム式の機械乾燥機もあります。



コーヒー焙煎士の手
ブルマスデルスルキでは、収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去された後、醗酵行程をおかずに、ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。この方法によって、ミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒー豆が得られます。独特の甘みをじっくりご堪能ください。



直火焙煎機当サンパウロコーヒーの焙煎機は、ぶ厚い鉄鋼の直火焙煎機です。カフェや通販によくある薄い小型の焙煎機では出せないしっかりしたうまみが引き出せます。また大手コーヒー企業が使うオートメーションの熱風焙煎機とも違う、独特の味の世界観があります。操作には熟練度を要しますが、むかしながらの焙煎技術で職人が毎日焙煎しております。

コーヒーは農産物ですので、輸入生豆のロットや焙煎する季節により、微妙に味が変化しています。プロの料理人が季節の素材に合わせて調理法に微妙な変化をくわえるように、コーヒー職人もまた、風味を一定にするために焙煎を微妙に変化させる必要があるのです。


 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
ちゃお酸味と甘みのバランスがよくのみやすい2018/01/20